ごあいさつ

株式会社阿部情報技術研究所は、2004年に阿部宗明が「もっとやりがいのある仕事で社会に貢献したい」という思いで、勤めていた会社から独立してできた会社です。当初は有限会社でした。

阿部は開業から8年目まで、ひとりの技術者として難しい新規開発プロジェクトを渡り歩きながら仕事をしていました。

2011年に最初の社員が入社します。「やりがいのある仕事がしたい」だけの技術者から「社員を守るために経営がしたい」と経営者に変わりはじめるきっかけでした。このときから、企業として社会に貢献できる会社への組織づくりが始まりました。

少しずつ社員が増え、小さいながらも組織になっていきました。開業してから12年目の2015年に、新卒社員が入社しました。そのことをきっかけにして「第二創業」を決意し、実行しました。
第二創業とは、旧来の体制・方針をあらため、まったく新しい会社を作るつもりで新しい体制・方針を定めて経営をしていくことです。

現在、私たちは「貢献と成長、必要とされる会社」という企業理念のもと「日本一のソフトウェア開発技術で地域社会を支える企業」を目指して、「社会を支える情報システムの開発プロジェクトを、最先端のソフトウェア開発技術で創造的に支援し、それを成功させる」ことを通じて社会に貢献しています。

まだ、理念や理想に叶う企業になれたわけではありません。しかし、これからも貢献と成長を続け、地域社会や社員とその家族にとって必要とされる会社であり続けることに努めていきます。

今後とも、皆様のご理解とご支援を何卒、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 阿部 宗明